『速報』YOSAが特定取引法違反で処分!?

YOSAってご存知でしょうか?

美容器を扱っているネットワークビジネス会社なんですが

12月17日に特定取引法違反で一部取引停止の処分されたとニュースになりました。

特定取引法とは

事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、

消費者の利益を守ることを目的とする法律です。

具体的には、訪問販売や通信販売等の消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、

事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルール等を

定めています。

ネットワークビジネスも対象になります。

YOSAが処分を受けた理由とは

経済産業省関東経済産業局は12月17日、

美容機器の連鎖販売取引(マルチ商法)を展開する「YOSA」(大阪市)が、

本当の目的を伏せたり、誤解させたりして勧誘したとして

特定商取引法違反を認定しました。

ネットワークビジネスでは相手に最初に勧誘目的であることを

きちんと伝えることが義務づけられていますが

そのあたりを明確にしていなかったのかもしれません。

また、説明不足で相手にちゃんと理解されてなかったのかもしれませんね。

YOSAへの処分は

勧誘など一部業務の取引停止!

代表取締役と取締役に業務禁止を命じたと発表されました。

いずれも6カ月間とされており、命令は16日付となっています。

が、YOSAの広報担当者は

「法にのっとって事業を展開しており、経産局の処分には不満がある。

不服申し立ても検討している」とコメントしたそうです。

まとめ

 
いくら良い商品であっても今はコンプライアンス遵守の時代ですから
たった一人でもルールを守らなければ
今回のように業務停止などになってしまいます。
 
ネットワークビジネスに関わっている一人ひとりが責任をもって
取り組んでいかなければと、思います。
 

もう友達は勧誘したくない・・その悩み解決しましょう!

 

ネットワークビジネスで一番怖いこと・・・世の中の悪いイメージ

「友達の信用すら失ってしまう」と、いう事。

ビジネスを切り出せない勧誘する相手が友達以外に簡単に見つからないなら

もう、稼ぐ事をあきらめるしかありません。

でももし、友達をさそわなくても人脈が無限に増えていき、

こちらから勧誘しなくても「話を聞かせてほしい」と

相手に言わせる方法があるとしたら、

あなたは興味ありますか?

 

【友達NG!】SNSでダウンが自動に増えていく~オンラインリクルート法とは!(タップ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする